“Science For A Better Life” ツアー

体験型サイエンス - バイエルの双方向展示イベント

サイエンスを実際に体験してみよう!バイエルのわくわくするような双方向的な展示会「Science For A Better Life」の世界ツアーをお届けします。サイエンスの展示会ひとつひとつから、子どもも大人も見て学び、自分で体験する機会を得られます。

「Science For A Better Life」ツアー 2016

「Science For A Better Life」ツアーが、2016年8月に日本に初登場。26日から29日までの4日間、東京・丸の内ビル1階「マルキューブ」にて開催されました。

期間中、子どもたちの科学的好奇心を高め、科学の理解力向上を図るバイエルの「わくわく実験びっくり箱」を、1日4回会場にて実施。21個の展示物も含め、会場は大いに盛り上がりました。

Science For A Better Life Tour 2015

Science For A Better Life Tourは多くの皆様を惹きつけました。こちらのギャラリーから、これまで実施してきたサウジアラビア、ベルリン、ミラノ、上海における素晴らしいハイライト写真をご覧ください。

体験型サイエンス

博物館や展示会では通常「手を触れないでください」と注意書きがありますが、このバイエルのツアーではそのような規制はありません。それどころか、展示ボックス、スクリーン、アナログとデジタル両方のゲーム、その他も含め、どの展示も触れたり、体験したりできるよう特別にデザインされています。この革新的な展示コンセプトは娯楽と教育の要素を融合したもので、訪問者の皆さんに展示に積極的に触れて体験していただけるようになっています。

展示のアルファベットをすべてつなげると、バイエルのミッション「Science For A Better Life」が完成します

展示会は高さ約2メートルの展示ボックス21個から構成されていて、そのボックスそれぞれにはAspirinのAから始まり、Enhancing Global Food Security(世界の食糧確保の強化)のE、Science(サイエンス) のSというように、バイエルの特定のテーマに関連する頭文字が書かれています。

それぞれの展示ボックスにはバイエルの特定のテーマの科学的な背景と社会的な側面について、画像と文字で説明がついています。また訪問者の皆さんは科学的な技術を体験したり試したりすることもできます。この科学展示は子どもにとっても大人にとっても、刺激的でわくわくする豊かな経験となるでしょう。

課外授業にも役立つ展示内容

科学を展示する「Science For A Better Life」は、特に小、中、高校生に、自然科学、生物学、応用化学の発見、新たなことへの挑戦、科学的な見地からの理解、そして学校で得た知識の定着のための課外活動として、刺激的でおもしろい機会を提供します。わくわくする体験が理論に命を吹き込みます。あらゆる点で意義のある教育的活動になることを願っています。

これまで世界で実施してきたツアーのハイライト写真

こちらからご覧ください。

トピック

メディア

株価