本資料は12月13日にドイツ・バイエル社が発表したプレスリリースを翻訳したもので、報道関係者各位へ参考資料として提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語を優先します。 原文はwww.press.bayer.comをご参照ください。


モンサントの株主がバイエルとの合併を承認

  • 農業分野におけるグローバルリーダーを創造するための合併における重要な節目
  • 取引のクロージングは2017年末までと想定

米国 セントルイス、2016年12月13日― 米国モンサント社(NYSE:MON)(以下「モンサント」)は、本日開催された臨時株主総会において、同社株主がドイツ・バイエル社(以下「バイエル」)の完全子会社とモンサントとの合併を承認したと発表しました。 合併契約の条件の下、モンサント株主は合併のクロージング時に現金で1株当たり128ドルを受け取ります。

「私たちは、株主からこのように強い支持を得られたことを嬉しく思います」とモンサント会長兼CEOのヒュー・グラントは述べました。「これは、私たちの2つの補完し合う会社が結びつくことで、農業の未来のために共有のビジョンを果たすに当たっての重要な節目です。 私たちの専門性と資源を集結し、この共有のビジョンを推進することによって、私たちは世界中の生産者に利益をもたらすために、より一層共働し、気候変動や食糧不足といった広範囲のグローバルな課題解決の助けとなることができるのです」

「今回のモンサント買収は、この統合によって、農家および農業業界全体が今日そして将来にわたって直面し、拡大する課題解決の助けとなり得るはずである、という私達の強い信念によって推し進められてきたものです」と、ドイツ・バイエル社社長のヴェルナー・バウマンは述べました。 「バイエルとモンサントは共に、私たちの顧客が必要としている新しく革新的なソリューションを提供できるはずです。私たちは、取引を完了させ、統合の成功を確実にするためにモンサントと緊密に協働することを楽しみにしています」

株主投票の仮の集計表に基づくと、臨時総会の基準日である2016年11月7日時点の発行済株式総数の約75%を占める投票総数のうち、約99%が合併賛成に投票されました。 モンサント株主は、この統合に関連して、同社の任命された役員達に対して支払われる可能性のあるもしくは支払われるであろう対価を、(法的拘束力のない)勧告ベースとして承認するという提案も承認しました。 全ての議題項目についての最終的な投票結果は、会社のForm 8-KにおいてSECに提出され、以下サイトにおいても閲覧可能になります。www.monsanto.com/investors


今回の取引には、必要な規制当局の承認の受領を含む一般的なクロージング条件が課せられています。バイエルはモンサントのサポートを受けながら、現在までに、米国ハート・スコット・ロディノ法の届出を含む複数の届出を提出しています。クロージングは2017年末までと想定されています。

注意
提案された取引についての詳しい情報はインターネットでご覧になれます:
www.advancingtogether.com


バイエル ホールディング株式会社
2016年12月20日、東京



Bayer: Science For A Better Life
バイエルは、ヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。「Science For A Better Life」というミッションのもと、バイエルはその製品とサービスを通じて、人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献すると同時に、 技術革新、成長、およびより高い収益力を通して企業価値を創造することも目指しています。また、バイエルは、持続可能な発展に対して、そして良き企業市民として社会と倫理の双方で責任を果たすために、これからも努力を続けます。 グループ全体の売上高は463億ユーロ、従業員数は約117,000人(2015年)。設備投資額は26億ユーロ、研究開発費は43億ユーロです。この数字は、コベストロ社として株式市場に2015年10月6日に上場した高機能ポリマー材料の事業を含んでいます。 詳細はwww.bayer.comをご参照ください。


モンサント・カンパニーについて
モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。 当社は、果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産しています。 当社は、農業生産者が、天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。 プログラムやパートナーシップを通じ、当社は、農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。 モンサント・カンパニーや当社の取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、discover.monsanto.comおよびmonsanto.com をご覧ください。ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCoやブログのwww.monsantoblog.comのBeyond the Rows®、或いは、当社のNews Release RSS Feedを購読されますと、 さらに詳細な情報をご覧いただけます。


将来予想情報に関する注意事項
このコミュニケーションに含まれる記述は、「将来予想に関する記述」を構成する可能性がある。実際の結果は、この将来予想に関する記述内における予想または予測されたものと大きく異なる可能性がある。 実際の結果を大きく異なるものとしうる要因には以下を含む:この取引のタイミングに関する不確実性;当該両社が予想された相乗効果と営業効率を、この合併において予想された時間の枠組内には、または全く、達成することができない可能性およびバイエルの営業にモンサントの営業を成功裏に統合させることを、達成することができない可能性; そのような統合は予想より困難であったり、時間がかかったり、費用がかさむかもしれない;この取引後の収益が予想より低いかもしれない;営業費用、顧客の喪失および事業の分裂(従業員、顧客、クライアントまたはサプライヤーとの関係の維持の困難を含むがこれらに限られない)が取引発表後に予想より大きいかもしれない; モンサントにおけるある重要な従業員の維持;この取引が原因で現在進行中の事業運営からマネジメントの注意が途絶えることに関連するリスク;取引の完結に対する条件が充足されないかもしれない、またはこの取引のために必要な規制の承認が予想された条件または予測したスケジュールで得られないかもしれない; 当該両社の、この合併のタイミング、完結、会計、税務処理に関する期待を満たす能力;この取引に関してバイエルが負う負債の影響およびバイエル負債の格付けへの潜在的影響;統合後の会社の将来の財務状況、営業実績、戦略および計画を含むバイエルとモンサントの事業統合の効果; 米国証券取引委員会(「SEC」)に提出された様式10-Kによるモンサントの2015年8月31日に終了する会計年度の年次報告書またはwww.sec.govとモンサントのウェブサイトwww.monsanto.com で入手可能なモンサントのSECへの他の報告書に詳細が記載された他の要因;ならびにバイエルのウェブサイトwww.bayer.comで入手可能なバイエルの公的な報告書でも検討されている他の要因。 バイエルとモンサントは、法律で要求されない限りこのコミュニケーションにおける情報を更新する義務を負わない。ここにある日付に限り伝えるものであるこれらの将来予想に関する記述を、過度に信頼しないよう読者は警告される。


トピック

メディア

株価