日本のバイエル

日本での歩み

1886(明治19) バイエルが開発した赤色直接染料ベンゾパープリンと、アグファによって開発されたコンゴーレッドが初めて日本に輸入される。
1890(明治23) バイエルの日本代理店をハー・アーレンス社からカール・ローデ商会に切り替え、販売体制を強化。
1899(明治32) バイエルの医薬品が本格的に日本へ輸入される。世界的香料会社シンメル社が日本で香料と薬品の商標登録を出願。
1907(明治40) 染色技師リヒャルト・ファイトが長期滞在し、横浜と神戸に染色試験所を開設。
1911(明治44) 「フリードリヒ・バイエル合名会社」をドイツ・バイエル社の全額出資で設立。
1924(大正13) 染料と化学製品を扱う「独逸染料合名会社」を設立。
1927(昭和2) 「バイエル・マイステル・ルチウス薬品合名会社」を設立。医薬品、農薬を扱う。
1941(昭和16) 資本・技術提携に基づき、農薬会社の「日本特殊農薬製造株式会社」を設立。
1950(昭和25) バイエルの染料・化学品担当代理店であるイー・オット商会が、業務拡張のため新部門を設立。
1951(昭和26) バイエルの医薬品を吉富製薬(輸入元)と武田薬品工業(販売元)を通じて輸入再開。
1955(昭和30) ケミダイズ社(バイエル社60%、オット社40%出資、本社:香港)が染料と化学品の日本代理店となり日本支店を開設。
1960(昭和35) ドイツ・バイエル社の全額出資により「日本法人ケミダイズ独逸染料株式会社」を設立。
1962(昭和37) ドイツ・バイエル社の全額出資により「バイエル薬品株式会社」を設立。
1969(昭和44) ドイツ・バイエル社と住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)の共同出資により「住友バイエルウレタン株式会社」を設立。
1973(昭和48) バイエル薬品株式会社を改組。新たに、ドイツ・バイエル社、武田薬品工業、吉富製薬の3社で、「バイエル薬品株式会社」を設立。
1976(昭和51) 狭心症治療剤「アダラート」を発売。(1985年に高血圧の適応症を追加取得)
1979(昭和54) 医薬品製造の滋賀工場が竣工。
1985(昭和60) 茨城県結城市に農薬中央研究所を開設。
1986(昭和61) 日本で開発された除草剤「ヒノクロア」を発売。
1988(昭和63) ニューキノロン系抗菌剤「シプロキサン」を発売。 バイエルがドイツの製造会社としては初めて東京証券取引所に株式上場。
1991(平成3) 日本特殊農薬製造株式会社が「日本バイエルアグロケム株式会社」に社名変更。
1992(平成4) 日本で合成・開発された殺虫剤「アドマイヤー」を発売。 バイエルジャパン株式会社が「バイエル株式会社」に社名変更。
1993(平成5) スタルクジャパンとヴイ・テックが合併し、「スタルク ヴイテック株式会社」となる。
食後過血糖改善剤「グルコバイ」を発売。
1994(平成6) マイルス・三共株式会社が「バイエル・三共株式会社」に社名変更。
1995(平成7) バイエル株式会社とバイエル化成株式会社の繊維染料事業をダイスタージャパンに移管。
1997(平成9) 「アドマイヤー」が世界No.1の殺虫剤となる。
1998(平成10) バイエル株式会社と帝人化成の合弁企業「帝人バイエルポリテック」を設立。
1999(平成11) バイエル メディカル株式会社を設立。
日本アグフア・ゲバルトが日本のバイエルから独立。
2000(平成12) アレルギー性鼻炎治療剤「バイナス」を発売。
バイエル株式会社と大日本インキ化学工業株式会社の合弁会社「ディーアイシー バイエル ポリマー株式会社」を設立。
ダイスタージャパンが日本のバイエルから独立。
2001(平成13) 抗血小板剤「バイアスピリン」を発売。
住友バイエルウレタン株式会社が「住化バイエルウレタン株式会社」に社名変更。
バイエル株式会社、バイエル薬品株式会社の株式を100%取得。
水稲用一発処理除草剤「イノーバ」発売。
2002(平成14) 「ハーマン アンド ライマー株式会社」が日本のバイエルから独立。
「バイエル クロップサイエンス株式会社」を設立。
2003(平成15) 「バイエル ケミカルズ ジャパン株式会社」を設立。
2004(平成16) 勃起不全治療剤「レビトラ錠」を発売。
バイエル ケミカルズ ジャパン株式会社が「ランクセス株式会社」に社名変更。
2005(平成17) ドイツ・ランクセス社のバイエルグループからの分離に伴い、「ランクセス株式会社」が日本のバイエルから独立。
スタルク ヴィテック株式会社が「スタルク株式会社」に社名変更。
2006(平成18) シエーリング社の買収を発表。
住化バイエルウレタン新居浜プラントが200万労働時間無事故の記録を達成。
2007(平成19) バイエル薬品と日本シエーリングが事業統合。
バイエル マテリアルサイエンス株式会社を設立。
2008(平成20) 日本のバイエルの持株会社としてバイエルホールディング株式会社が業務を開始。
関西地区の新拠点バイエルハウス大阪が稼働。
抗悪性腫瘍剤「ネクサバール」を発売。
2009(平成21) バイエル マテリアルサイエンスのイノベーション・センターが拡張、本格稼働。
2010(平成22) バイエル薬品株式会社がインテンディス株式会社を合併。インテンディス事業部を新設。
2011(平成23) 日本のバイエルが創立100周年を迎える。
2012(平成24) 主なサービス/支援部門を「カントリー・グループ・プラットフォーム」として、バイエル ホールディング(株)内の1つの組織に統合。
2013(平成25) ドイツ・バイエル社が創業150周年。記念イベントとして、飛行船が日本を含む全世界で飛行。
2014(平成26) 7月にコンシューマーケア事業部を新設。
6月に「オープンイノベーションセンター」を設立。9月にはバイエルと京都大学 産官学連携本部が共同で、創薬研究候補主題を探索する2年間の提携契約を締結。
2015 (平成27) 素材科学事業グループが新会社「コベストロ」となる。
2016 (平成28) 最初のバイエル製品が日本に輸入されてから130年を迎える。
ライフサイエンスに特化した企業として変革。