2011年09月08日
「国連子供環境ポスター原画コンテスト」展覧会を開催

日本人中学生がアジア太平洋部門最優秀賞、グローバル準グランプリを獲得!

  • 2011年10月8日(土)~10月14日(金)10:00~17:00
  • 於: 日本科学未来館

東京、2011年9月8日 ― バイエル ホールディング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハンスディーター・ハウスナー)は、国連環境計画(UNEP)、地球環境平和財団(FGPE)及び株式会社ニコンと共に、「国連子供環境ポスター原画コンテスト」の展覧会を、2011年10月8日(土)~10月14日(金)に開催します。

「国連子供環境ポスター原画コンテスト」とは、小学生・中学生を対象とした一般公募型の絵画コンテストです。世界の共通語である絵を介して、世界の子供たちの「地球を守ろう!」というメッセージを、民族言葉の壁をこえて世界中の人々の胸にストレートに伝えることを目的に、1991年から毎年実施しています。

今年2011年の第20回「国連子供環境ポスター原画コンテスト」では、「森のいのち・・・生物多様性」をテーマに、「生き物たちが支えあう豊かな森を守ろう!」というメッセージを込めた作品を募集。世界99ヶ国から606,996点の応募があり、日本の中学生・橋本絵里奈さん(大阪市立咲くやこの花中学校3年)が、アジア太平洋部門で最優秀賞、グローバル部門で準グランプリを獲得しました。

「国連子供環境ポスター原画コンテスト」の展覧会では、多くの方にメッセージを伝えたいという思いを込め、期間中、上位入賞者の作品約30点のポスターを展示します。


<アジア太平洋部門最優秀賞・グローバル部門準グランプリ受賞作品>

「国連子供環境ポスター原画コンテスト」展覧会 開催概要

開催日時: 2011年10月8日(土)~10月14日(金)10:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
開催場所: 日本科学未来館 (〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6)
休館日: 毎週火曜日(展覧会開催期間中の休館日は10月11日)
交通: 新交通ゆりかもめ
「船の科学館駅」下車 徒歩約5分
「テレコムセンター駅」下車 徒歩約4分
開催内容: 「国連子供環境ポスター原画コンテスト」入賞作品 ポスター展示 (約30点)
開催目的: 「生物多様性」をテーマにした作品を介して、メッセージ「地球を守ろう!」を広く一般に伝える
共催: 国連環境計画(UNEP)、地球環境平和財団(FGPE)、株式会社ニコン、バイエル
料金: 入場・見学無料

「国連子供環境ポスター原画コンテスト」とは

実施内容: 1991年から年1回実施している小学生・中学生を対象とした一般公募型の絵画コンテスト
実施目的: 世界の共通語である絵を介して、世界の子供たちの「地球を守ろう!」というメッセージを、 民族や言葉の壁をこえて世界中の人々の胸にストレートに伝えること
共催: 国連環境計画(UNEP)、地球環境平和財団(FGPE)、株式会社ニコン、バイエル

第20回「国連子供環境ポスター原画コンテスト」 審査部門

国内部門では各部門において、最優秀賞1名、優秀賞2名、佳作3名、努力賞5名、入選10名が選ばれ、国内部門で選ばれた全作品は、UNEPアジア太平洋事務所(タイ・バンコク)で実施したアジア太平洋部門の審査にエントリーされました。さらに、世界6地域部門で上位に選ばれた作品は、グローバル部門審査にエントリーされ、グローバル部門のグランプリ1名と準グランプリ1名、世界6地域部門の最優秀賞6名が選ばれました。受賞者は2011年9月27日にインドネシアで行われる「国連子ども環境会議」で実施する表彰式に保護者と共に招待され、楯と賞金が贈られます。

※応募作品は総合地球環境学研究所 (京都) に収蔵され、研究資料として活用されます。

バイエル ホールディング株式会社
2011年9月8日、東京
Bayer Holding Ltd.