大きいぞ

事物を細かくじっくりと見ることは科学の重要な要素のひとつです。
虫めがねがあれば、そこにあることさえ知らなかった物を見ることができます。
また、物を拡大して見ることは、それぞれの物で、どんなところが似ていたりちがっていたりするのかをとらえるのに役立ちます。

用意するもの

虫めがね/観察ノート

やりかた

虫めがねを使って、いろんなものを見てみよう。
土の中や葉っぱの下に何がかくれているかな。
葉っぱのうらや表に何がくっついているかな。
カは、どうやって血をすうのかな。
雪のつぶの形は、どうなってる?
チョウの羽のもようは、どうなってる?
土の中には、何がどれくらい見つかった?

2

ノートに、絵やことばで、見たものをかいてみよう。

ワンポイント蜂

蚊を調べることができた人は、血を吸っている様子を観察できたかもしれません。
頭から出ている長い中空の管は「吻(ふん)」といいます。雪の粒はひとつひとつ形がちがっているのがすてきですね。
チョウの羽の色は、粉のような粒(鱗粉)によって作られています。