ぴちゃぴちゃ水遊び

物をはかるにはいろいろな方法があります。お風呂のときに、いろいろな大きさの容器を使って、水の量をはかりましょう。

用意するもの

いろいろな大きさの計量スプーンと計量カップ(またはティースプーンとコップ)/いろいろな 大きさの牛乳パックや紙パック、ペットボトル、ビン、タッパー、ボウル、洗面器、バケツなど/たとえば、350ミリリットル、500ミリリットル、1リットル、1.5リットル、1升(1.8リットル)、2リットルなど/じょうご/同じ量が入るが形のちがう容器2つ(ペットボトルと、なべやボウルなど)片方は背が高くて細いもの、もう一方は背が低くてずんぐりしたもの/水を満たしたバスタブまたは流し(!)/観察ノート

やりかた
1
イラスト

小さな容器(500ミリリットルの牛乳パックなど)にいっぱいまで水を入れ、それを大きいほうの容器(お茶のペットボトルなど)に移してみよう。(じょうごを使おうね)大きいほうをいっぱいにするために、小さい方の容器で何杯分の水を入れたかな。

2

計量カップ半分にするのに大さじ何杯分の水を入れたらいいかな。1リットルのペットボトルをいっぱいにするのには計量カップ何杯分の水を入れたらいいかな。

3

1升ビンをいっぱいにするのに、計量カップ何杯の水がいるか調べよう。

4

次に、大きな容器(洗面器など)いっぱいに水を入れ、じょうごを使って、小さな容器に移していこう。計量カップに何杯分あるかな。

5
イラスト

背が低くてずんぐりした容器に一定量の水(たとえば1リットル)を入れよう。
この水を背が高くて細い容器に移してみよう。
背が高くて細い容器のほうが、背が低くてずんぐりした容器よりたくさん水が入るように見えたかな。
実際に、たくさん入ったかな。
これまでのことをすべて、観察ノートに書いておこう。

ワンポイント蜂

水やその他の液体は、入れる容器の形になります。一定の大きさの容器は名前をもっていたりします。たとえばカップ、1升ビンなどです。アメリカでは、パイントやクォート、リットル、ガロンなどの容器がよく使われます。この実験は、量と単位の入門となります。