“Health for all, Hunger for none” に一丸となって取り組みます 

 

いま現在、世界中で、テーブルの上の食べ物、棚に置かれた医薬品、緊急治療へのアクセスなど、当たり前だと思っていたことを大切にしています。 新型コロナウイルス感染症は、私たちのヘルスケアと食糧供給を確保するネットワークの脆弱性を、地域に、全国に、そして世界に顕在化させました。

 

私たちは一丸となって、お互いを守っています。私たちは手洗いをし、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを確保しています。私たちは一息ついて、より良いものを再構築しようとしています。しかし、多くの人々にとって、適切な医療とバランスの取れた食糧へのアクセスは、次第に手の届かないものになっています。アクセスの格差が広がるにつれて、リスクの度合いはさらに高くなります。どうすれば食糧とヘルスケアの分野に柔軟性と回復力を組み込むことができるでしょうか?パンデミック以前から飢餓に苦しみ、適切な医療へのアクセスのない世界中の何百万人もの人々を、どのように助けることができるでしょう?

 

Playボタンを押して視聴してください

 

バイエルでは、”Health for all, Hunger for none” (すべての人に健康を、飢餓をゼロに)というビジョンを掲げています。それは私たち単独で成し遂げることはできず、簡単なことでもありません。しかしながら私たちは、絶え間ない貢献をすることに全力で取り組んでいます。私たちは、新型コロナウイルス感染症との戦いを支援するため、世界中の政府機関や保健当局、その他の組織と協力しています。そして、私たちはパンデミックを超えて前進し、革新を続けます。なぜなら、農業生産者や医療従事者、私たちのコミュニティにおける日々の英雄たちなど、私たちを前進させてきた最前線と舞台裏の人々に対する責務があるからです。

 

私たちの注目が新型ウイルスに移っているとしても、他の病気が止まることはありません。しかし、私たちも歩みを止めることはありません。パンデミックは、私たちに健康と革新的な治療法の継続的な研究が非常に重要であることを示しています。私たちを守るために自らの安全を捧げてきた医師や看護師を、私たちは支援します。心不全を持つ人や、症状が悪化している人のため、入院のリスクを減らすための医薬品を開発しています。前立腺がんの患者さんにおいては、新薬が生存期間を延長することが示されています。

 

私たちは世界中の農業生産者を支援し、生産者たちがより持続可能かつより確実に、十分な食糧を生産し続けることができるようにします。パンデミックは、私たちのサプライチェーンの脆弱性を明らかにし、注目を集めました。フードバンクに並ぶ人々の列が長くなっても、生産者は作物を廃棄することを余儀なくされました。フードチェーンの始まりから終わりまでを強化する必要があります。私たちは、生産者がより少ない資源でより多くの収穫を生み出すことを可能にするために、植物育種とデジタルツールの革新を切り開いています。また、食品廃棄を排除し、柔軟性を高めるため、生産者から小売業者まで、サプライチェーン全体における協働をサポートしています。より多くの生産者の収穫物が私たちの棚に届き、世界中のより多くの人々が食卓に食べ物を準備することができるように。

 

自分自身がどう感じているかということにより注意を払っている時代に、私たちは日々のヘルスケアをいつも手に入れることができるようにします。パンデミックの真っ只中にあって、自身に対するケアは自分のためだけのものではないからです。私たちは各組織と提携して、医療サービスが行き届いていない地域の弱い立場にある妊婦さんや子どもたちがビタミンや微量栄養素を利用できるようにします。バイエルのデジタルソリューションは、自身の健康状態を患者さんが管理できるようにします。そして、私たちは、日常的なヘルスケア製品を、それらを最も必要としている人々に提供するために、活動を拡大し続けます。誰もが自分の健康管理に必要なものを手に入れることができるまで、私たちが立ち止まることはありません。

 

私たちのビジョンを実現するには、すべての科学的な専門知識と、私たちを取り巻く障壁を超えて広がるイノベーションの能力が必要になります。しかし何よりも、世界中の10万人の社員の情熱、献身、そして創意工夫が必要です。

 

私たち単独では行うことはできません。しかし、私たちは皆さんとともに、修復し、再建し、そして前進することができます。私たちはともに、より強くなってこの世界に戻ってきます。私たちはともに、天然資源を保護しながら、世界中のできるだけ多くの人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高めることができます。私たちは、一丸となって、すべての人に健康を、そして飢餓をゼロに向かって前進します。

 

PP-OTH-JP-0424-21-05