コーポレート・コンプライアンス・ポリシー

適用法および社内ルールに従って事業を遂行

バイエルにおいて、私たちはコンプライアンスは世界各地での事業許可を守るものであると確信しています。人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を高める革新的なソリューションを提供する事は、私たち全員の目標です。

 

コンプライアンス ポリシーの重要性について

 

本ポリシーは、バイエルの業務上の行動原則の概略を示すものです。私たちは誇りを持って正しいことをします。良識ある判断を下し、誠実に行動し、このポリシーに定められた原則を遵守する必要があります。


こちらに10のコンプライアンス原則の概要を掲載しています。『コーポレート コンプライアンス ポリシー』(日本語版)については、以下のリンクからダウンロードしてください。

 

『コーポレート コンプライアンス ポリシー』 (日本語版)

 

 

バイエルの10のコンプライアンス原則

 

1. 全ての市場で公正に競争します

バイエルは製品やサービスの評価で勝負し、自由でオープンな市場の在り方を強く支持します。当社は競争を推進し保護するための法令を厳守します。

バイエルのサプライヤー管理に関する詳細はこちら

 

2. 全ての商取引を誠実に行います

バイエルは汚職を容認せず、いかなる形であっても賄賂の授受を伴う事業機会を断固として拒絶します。私たちは、他者の意思決定や行動に不正に影響を与える意図で、利益の提供を申し出たり、実際に提供したり、そのような印象を与えたりすることさえも絶対に行いません。

 

3. 経済成長と環境・社会に対する責任を両立させます

バイエルは、製品を開発、生産、販売する際に、安全かつ持続可能な方法を用いることで、社員や顧客、社会のニーズを満たし、環境を保護しようと努めています。責任ある業務遂行は当社の活動の基盤です。私たちは業務のあらゆる面において、健康と安全、環境に関する全ての法令と業界基準に従うことを約束します。

バイエルの環境保全に関する詳細はこちら

バイエルの人権に関する立場の詳細についてはこちら

 

4. 当社のグローバル事業を規制する貿易管理を遵守します

バイエルは、自社の製品や技術を核兵器、生物兵器、化学兵器に悪用したり、テロや戦争の拡大に用いたりすることを防ぐ国内外の取り組みを支持します。私たちは貿易管理規則や貿易制裁、その他の国際平和と安定を推進するための取り組みに従います。また国際貿易に関する現地の法令を遵守します。バイエルは、代理を務める第三者も、同じ約束を厳守することを求めます。

 

5. 有価証券取引の機会均等を確保します

バイエルは非公開情報を不慮の開示や誤用から守ることで、オープンで公正、効率的な金融市場を推進します。私たちは、バイエルに関する非公開情報の使用や開示方法に注意し、その情報が当社の事業や投資家にもたらす価値を保ちます。

 

6. 正確な会計記録を管理します

バイエルは事業活動と金融取引を漏れなく正確に記録することで、公正かつ完全に、事業運営や資産、財務状況を提示します。

 

7. 互いを尊重し相手を公正に扱います

バイエルは社員が能力を発揮し、イノベーションを生み出し、成長するのに最高の環境を作るために努力します。私たちは所定の基本行動基準に従い、誰もが不公平な扱いや差別的な扱いをされたり、ハラスメントやその他の職業倫理に反した行動や失礼な行動をされたり、誠意をもって懸念を伝えたことに対して報復を受けたりすることがないようにします。

 

8. 知的財産権を保護し尊重します

バイエルは研究開発の努力の価値と、バイエルとそのブランドの信用と評価を守ります。また、バイエルは他者にも同様のことをする正当な権利があることを認めます。

 

9. バイエルの利益を最優先に行動します

バイエルの社員は個人の利益とバイエルの利益を切り離すことに注意を払います。私たちは、個人的な利益を得ることで会社の判断や業績、意思決定に悪影響を及ぼされることがないように、公正に決定を下します。利益相反の可能性に直面した場合は、その状況をただちに上司に知らせることとします。上司は利益相反にどう対処するかを決定します。

 

10. 個人情報を保護し安全に管理します

バイエルは個人に関する情報のプライバシーと機密性の保護および安全管理のための法令を厳守します。そのような情報には、個人や健康、家族、財務およびそれに類する情報が含まれます。当社は社内外で個人情報を開示しないように注意しています。ただし法令で認められており、かつ正当な業務上の必要性がある場合はこの限りではありません。