2013年04月18日
世界中の子供たちが「地球を守ろう!」というメッセージを込めて絵を描く

バイエル共催 第22回「国連子供環境ポスター原画コンテスト」 日本国内部門 最優秀賞発表

  • 第22回コンテストのテーマは、2013年の「国際水協力年」にちなみ「生命の源 『水』 ~それはどこからくるの?~」
  • 日本国内部門の応募作品数は、合計で1,390点
  • 国内3部門の応募作品の中から最優秀賞 各1名(計3名)、優秀賞 各2名(計6名)

東京、2013年4月18日― バイエル ホールディング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:ハンスディーター・ハウスナー)は、国連環境計画(UNEP)、地球環境平和財団(FGPE)及び株式会社ニコンと共に第22回「国連子供環境ポスター原画コンテスト」日本国内部門審査会を開催し、受賞作品を決定しました。昨年9月から本年2月28日までの募集期間に、合計で1,390点(小学校低学年の部419点、小学校高学年の部475点、中学校の部496点)の応募が寄せられ、その中から選考委員が、各部門で最優秀賞1名、優秀賞2名、佳作3名、努力賞5名、入選10名を選出しました。

今回のテーマは2013年が国連の定める「国際水協力年」であることにちなみ「生命の源 『水』~それはどこからくるの?~」です。自然環境や社会・経済活動のために、大切な水を確保して使い続けるにはどうしたらよいか、次世代を担う子供たちが自ら考え絵に表現しました。UNEPとパートナーシップを締結しているバイエルは、若者の環境意識を高め、子どもたちや青少年が世界的に環境問題に関心を持ってもらうように活動しています。日本バイエル代表のハンスディーター・ハウスナーは「今年もたくさんのご応募をいただきましてありがとうございました。人間の生活に不可欠なだけでなく、地球上の生物の命を支え、環境を大きく左右する『水』をテーマに描くことで、地球環境を考えるきっかけになったのではないかと思います。日本全国からこんなに多彩な作品が集まったことを嬉しく思っています。」と述べています。

審査会を終えて、FGPE事務局長の矢野等子(ともこ)氏は「今回のテーマは小学生には少し難しいのではないかと心配しましたが、先生方の指導のもとに自分なりに考え、想像力を働かせて描いたすばらしい作品が数多く寄せられました。また、中学生の部ではテーマについてよく調べ、十分に理解した上で表現力豊かに描いた独創的な作品が多く、今回もレベルの高いコンテストになったと思います」と述べています。また、今回の受賞作品についてニコン 経営企画本部CSR統括部社会貢献室長の山崎英雄氏は「入賞されたみなさん、おめでとうございます。今年のテーマを『水』としたことから、日本の子どもたちからの応募作品は雨や美しい海と生物をイメージしたものが多く入賞しました。しかし、中には水不足で生物の死滅を心配する作品もあり、水について真剣に考えてくれたことが分かりました。これらの作品がグローバル部門の上位に入賞することを期待しています」と述べています。

日本国内部門の最優秀賞には、株式会社ニコンより「ファーブル ミニ」と「COOLPIX L28」(小学生低・高学年の部)、「COOLPIX S5200」(中学生の部)、ならびにバイエルよりサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ)「バイエル04レバクーゼン」グッズが贈られます。
日本国内部門の入賞作品は、UNEPアジア太平洋事務所(タイ・バンコク市)で実施されるアジア太平洋地域部門の審査にエントリーされます。世界6地域部門(アジア太平洋、西アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、ラテンアメリカ)で選ばれた作品は、グローバル部門の審査に進み、グローバル部門入賞者は2013年6月中旬にUNEPのWEBサイトで発表されます。グランプリ1名と準グランプリ1名、および世界6地域部門の最優秀賞6名の受賞者はグローバル部門表彰式(日時・場所は未定)に保護者と共に招待され、楯と賞金(グローバル部門グランプリはUS2,000ドル、準グランプリと地域部門・最優秀賞はUS1,000ドル)が贈られます。

「国連子供環境ポスター原画コンテスト」とは
世界中の子供たちを対象に1991年から毎年実施されている一般公募型の絵画コンテストです。世界の共通語である絵を介して、世界の子供たちの「地球を守ろう!」というメッセージを民族や言葉の壁をこえて世界中の人々の胸にストレートに伝えることを目的としています。これまでに150カ国を超える国々から300万点以上の作品が寄せられ、総合地球環境学研究所(日本/京都)に収蔵されており研究資料として活用されます。

各部門最優秀賞作品

小学校低学年の部 小学校高学年の部 中学校の部
井上 裕崇(ひろたか)さん 佐々木 祐季(ゆうき)さん 丹野 円(まどか)さん
愛媛大学教育学部附属小学校3年 埼玉県深谷市立深谷小学校4年 宮城県富谷町立富谷中学校1年

■第22回「国連子供環境ポスター原画コンテスト」日本国内部門受賞者

テーマ: 生命の源 「水」 ~それはどこからくるの?~
各賞: 各部門、最優秀賞1名、優秀賞2名、佳作3名、努力賞5名、入選10名

(1) 小学校 低学年 の部 / 1年~3年

最優秀賞 井上裕崇(ひろたか)さん  愛媛大学教育学部附属小学校 3年・9歳
優秀賞 宮原愛佳(あいか)さん  福岡県福岡市立原西小学校 3年・8歳
優秀賞 恒吉空(そら)さん  愛知県常滑市立西浦北小学校 3年・9歳

(2) 小学校 高学年 の部 / 4年~6年

最優秀賞 佐々木佑季(ゆうき)さん 埼玉県深谷市立深谷小学校 4年・10歳
優秀賞 川﨑りなさん 青森県八戸市立柏崎小学校 6年・12歳
優秀賞 守山木乃芽(このめ)さん 愛知県常滑市立西浦北小学校 6年・12歳

(3) 中学校の部

最優秀賞 丹野円(まどか)さん 宮城県富谷町立富谷中学校 1年・12歳
優秀賞 石川英里(えり)さん 埼玉県所沢市立向陽中学校 2年・14歳
優秀賞 山下光(れい)さん 東京都千代田区立麹町中学校 2年・14歳

※学年、年齢は応募当時
※全受賞者の詳細は以下サイトを参照ください。
 地球環境平和財団・WEBサイト: http://www.fgpe.net/

主催: 地球環境平和財団(FGPE)
共催: 国連環境計画(UNEP)、株式会社ニコン、バイエル (Bayer AG) 
特別協力: 大学共同利用機関法人 総合地球環境学研究所

バイエル ホールディング株式会社
2013年4月18日、東京
Bayer Holding Ltd.