石けんパワー

石けんで船を動かしたことがありますか。この単純な実験ができるのは「表面張力」のおかげです。

用意するもの

あつ紙1枚(いらない名刺や古ハガキなど)/はさみ/洗面器、料理用バット、水を張れるトレイなど/台所用の液体洗剤/観察ノート

やりかた
1
イラスト

あつ紙を下のような形に切って船を作ろう。
長さは6cmくらい、はばは4cmくらいだよ。

2

洗面器などに水をはって、その上に、この船をそっとうかべよう。

3

船の後ろの切れこみに洗剤を、ほんの少し流しこんでみよう。
どうなったかな。
実験をくり返したいときには、洗剤を使うたびに洗面器をていねいにあらってね。そうしないと、うまくいかないよ。

ワンポイント蜂

船は水の上を勢いよく進むはずです。水の分子は互いに強く引き合ってくっついています。特に、表面では引き合う力が強いため、水面には、強いけれども弾力のある「膜」ができています。これを表面張力とよびます。洗剤を加えると、この水の分子の配列がこわれ、膜が破れるため、その反動で船は前に進むのです。